MENU

血糖値が高いと言われたら

 健康診断などで血糖値が高い、と言われたら、とにかく生活習慣を見直して血糖値を下げるように心がけなければなりません。

 

 「特に異常は無いし、まだ大丈夫だろう」などと思ってら大間違い!。

 

 糖尿病は、初期には自覚症状が殆どありません。症状が進行して様々な合併症を発症したとき、やっとそれと気がつくのですが、そうなってからでは手遅れです。

 

 具体的には、運動療法と食事制限。

 

 まず運動ですが、血糖値を下げるためには有酸素運動を継続して行うことが必要です。具体的には、息を切らさずに長く続けられるウォーキング、軽いジョギング、サイクリング、水泳など。

 

 そして食事。炭水化物や甘い物を控え、糖の代謝に必要なビタミンB群、クロム。そして糖分の吸収を穏やかにする食物繊維を摂取するようにしましょう。

サプリメント

 血糖値を下げるのに運動と食事制限が必要と判っていても、好きな食べ物を我慢したり、毎日運動を続けるのは辛いものです。実際に中々続かない、と言う人が多い。

 

 また、血糖値が高い人はインスリンの働きが悪くなっていることが多く、食後に血糖値が上がりやすく、そして一度上がった血糖値が下がりにくくなっています。

 

 食事制限や運動は続かない、食事を制限してもインスリンの働きが悪くて血糖値が上がりやすい。そんな人はサプリメントの助けを借りましょう。

 

 

 

糖ダウン

5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)と呼ばれるアミノ酸の一種が、糖を燃焼させてエネルギーに変える働きを促進することで血糖値の上昇を防ぎます。よくある「糖分の吸収を抑える」タイプが食事の度に摂取する必要があるのに対して、糖ダウンは時間を選ばず1日1回で食後血糖と空腹時血糖の両方をサポートしてくれます。

桑ポリス

大学教授が開発したサプリメントで、糖尿病患者12名に30日間の臨床試験をした結果、内91%(11名)の方がヘモグロビンA1Cの数値が下がるという結果が出ています。

血糖値が高いままだと

 サプリメントとか何か高いし、と言って放置したままでいると、やがて糖尿病を発症し合併症を発症してしまいます。

 

 毎年日本人の失明原因の上位に入る「糖尿病性網膜症」

 

 人工透析の原因第1位の「糖尿病性腎症」

 

 手足の壊疽を起こす「糖尿病性神経障害」

 

 そして、心筋梗塞や狭心症、脳卒中。更に下肢への血行障害を起こし、歩行障害やひどい場合は下肢を切断する事もあります。

 

 血糖値が高い状態を放置して糖尿病にならないよう、既に糖尿病と診断された人は合併症を発症しないように、血糖値のコントロールをして下さい。